FC2ブログ

記事一覧

正誤判定ポリシー

土橋@中津川オープンです。
ここでは中津川オープンの正誤判定ポリシーについて公開します。
かなり細かいところに渡りますが、よろしくお願いします。
(当日企画書とともに配布いたします。)

1.全体ルール
(1)シンキングタイム
  ① 最初にボタンが押されてからのシンキングタイムは、司会者が回答者に呼び掛けてから5カウントとします。
    この間に回答を始めてください。
  ② ボタンを押した人の誤答により回答権が回ってきた際のシンキングタイムは、司会者が対象者に呼びかけてから
    3カウントとします。この間に回答を始めてください。
  ③ 回答者が回答を言い切った後、1カウントおいて判定します。1度に限り、このカウントの中での回答の
    言い直しを認めます。言い直しがあった場合の正誤判定は言い直し後の回答のみで判定します。
  
(2)ブザー
  ① 待ち時間いっぱいの直前でボタンが押されても、ブザーでキャンセルされてしまった場合はスルー扱いとします。
  ② 回答を始めた後で、その回答がタイムアップのブザーと重なった場合は、時間切れの扱いとせず、有効回答
    とします。(ブザーの鳴り始めのあとで回答を発した場合は時間切れの扱いとなります。)

(3)再回答
  以下のケースが発生した場合、正誤判定者は回答者に対して再回答を促します。
  ① 回答が聞こえなかった場合(回答がブザーと重なった場合も含める。)、正誤判定者は「聞こえませんでした」
    と言って回答者の再回答を求めます。この場合、回答者は最初に言った答えをそのまま答えてください。
  ② 回答が「正解に限りなく近いが、そのままでは正解にならない」と正誤判定者が判断した場合、正誤判定者は
    「もう一度お願いします。」と言って、回答者の再回答を求めます。(この時、回答者は最初に言った答えを
    そのまま言わず、別の答えを回答ください。)この回答が用意している正解と異なる場合は不正解とします。
  
(4)正誤判定の抗議
  問題不備や用意されていない別解の存在などにより正解とすべき判定が不正解となる場合、また、回答の聞き取り
間違いなどにより不正解とすべき判定が正解となった場合、その問題終了後、次の問題に移る(問題読みが
「問題」と発する瞬間)までに参加者(回答者、対戦者とも限らない)より抗議があれば、それを受け付けます。
正誤判定者は試合進行を止めて調査を行い、改めて正誤判定を下します。
  
2.固有名詞(人名、チーム名)について
  ① 人名に関しての敬称・肩書(「〇〇さん」「〇〇選手」など)の有無は、正誤判定には関係ありません。しかし、
    明らかに間違った敬称・肩書をつけた場合(「オバマ総理大臣」など)は誤答扱いとします。
  ② 人名は原則として、芸名・ペンネーム・登録名など最も一般的に知られている名前、もしくはそれに準ずる知名度
    のもののみを正解とします。本名や別号など「知名度が低い」と正誤判定者が判断した回答は「もう一度」の対象
    とします。
  ③  東洋人名(日本・韓国・中国・台湾など、主に氏名表記に漢字が用いられる国)は、フルネームでの回答に限り
    正解とします。

   例1:「現在の巨人の監督は誰でしょう?」
    →不正解「高橋」「高橋監督」「高橋由伸コーチ」、
     正解「高橋由伸」「高橋由伸監督」

   例2:「マイアミ・マーリンズの背番号51番は誰でしょう。」
     →「イチロー」「鈴木一朗」どちらも正解
     (イチローは登録名であるため正解。鈴木一朗も過去の登録名であり、一般に準ずる知名度と判断。)

   例3:「大相撲通算最多勝利を記録している、モンゴル出身の横綱は誰でしょう。」
     →「白鵬」「白鵬翔」どちらも正解(しこ名は登録名の一種とみなし「白鵬」のみで正解。)本名の
       「ムンフバティーン・ダワージャルカル」は知名度が低いため「もう一度」の対象とする。
  ④ 西洋人名は、原則ファミリーネームのみで正解とします。ただし、明らかにフルネームを要求される場合はその限り
    ではありません。また、同一カテゴリに同一姓の人物が複数いる場合でも、ファミリーネームのみで正解とします。

   例4:「デービット・ベッカムの奥さんは誰でしょう?」
     →「ベッカム」のみは不正解。「ヴィクトリア」「ヴィクトリア・ベッカム」などで正解とする。

   例5:「アメリカの第26代大統領は誰でしょう?」
     →「ルーズベルト」「セオドア・ルーズベルト」で正解。「フランクリン・ルーズベルト」は言い直しを認めず不正解。

  ⑤ 複合姓は、ファミリーネーム同様に区別の必要性がある場合のみ求め、原則一般的な呼称のみで正解とします。
  ⑥ 以上の人名に関するルールは、実在しないキャラクターなどにも適用します。
  ⑦ スポーツなどのチーム名については、「地名もしくは企業名」+「愛称」の両方回答して正解とします。
    また、過去のチーム名と重複する場合には、区別できるように回答すること。

   例6:「今年のプロ野球日本シリーズに進出したセ・リーグのチームはどこでしょう?」
     →「横浜DeNAベイスターズ」「DeNAベイスターズ」で正解。「横浜」「DeNA」「ベイスターズ」「横浜ベイスターズ」
       はもう一度の対象とする。

3.複数回答について
  ① 複数のものから一つだけを答える場合、主催者が用意した回答のみを正解とします。
   (「○○と○○」という回答は用意しません。そのため「○○と○○」という回答は言い直しを認めず誤答扱いです。)
  ②  都道府県名と都市名の両方を答えた場合、原則都市名の方を答えたものとみなします。
    また、都道府県名と都市・政令指定都市の区の名が同じ場合で「県」「市」「区」を言わなかった場合は正解と
    なるものを答えたものとみなします。

   例7:「甲子園球場があるのは、兵庫県の何市でしょう。」
     →この問題の場合、「西宮」「西宮市」「兵庫県西宮市」は正解。「兵庫県」で言い切った場合は不正解。
      (ただし、1秒以内の言い直しで「西宮市」と言った場合は正解。)
   例8:「甲子園球場があるのは、何県でしょう。」
     →この問題の場合、「兵庫」「兵庫県」で正解。「西宮」「西宮市」「兵庫県西宮市」は不正解。また、
      兵庫県と答えた後で1秒以内の言い直しで「西宮市」といった場合も不正解。

4.文章での回答について
  ① 歌詞や文章の一部を問う問題で、主催者側で用意した回答以上のものを回答した場合、たとえ歌詞・文章通り
  でも「もう一度」の対象とすることがあります。その場合、回答者はより絞った回答をお願いします。
  ②  ただし、ことわざ・慣用句・和歌や俳句など、全体で一つのイディオムとして認知されているものについては、その限り
    ではありません。この場合、主催者側で用意した回答を答えているが、イディオムの一部が異なっていた場合は
  「もう一度」の対象とすることがあります。この場合、回答者は主催者側で用意した回答のみ答えるか、正しい
    イディオムで答えなおしてください。

5.後限定について
  ① 回答を限定するキーワードが読まれる前にボタンが押された場合、正解の単語は出ているが、回答方法がキーワード
    に則さないものであった場合は、「もう一度」の対象とします。

   例9:「南アメリカ大陸の南端とフエゴ島の間にある/」でボタンが押されて、
      その続きが「海峡にその名を残す、ポルトガルの航海士は誰でしょう?」(答え ファーディナンド・マゼラン)
      となった場合、人名を問うているので、「マゼラン」「ファーディナンド・マゼラン」のみを正解とする。
      「マゼラン海峡」はもう一度。

  ② また、回答が主催者が用意した回答と同一の事象である場合(正式名称、別称など)についても、「もう一度」の
    対象とします。
   例10:「現在大腸がん予防の効果の検証がされている、/」でボタンが押されて、
      その続きが「別名をアセチルサリチル酸という、解熱や鎮静剤として使われる薬は何でしょう?」(答え アスピリン)
      となった場合、「アセチルサリチル酸」と「アスピリン」は同一の事象であるので、もう一度の対象とする。

6. その他
  ① クイズ中に正誤判定者がミスをした場合や、問い読みが明らかに回答をミスリードさせるような読み方を行った場合は、
抗議がない場合でも主催者判断により判定の無効化、あるいは訂正を行う可能性があります。
  ② 判定が無効化となった問題については、新たに1問補充します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント